「かも」の法則

みなさん こんにちは 信州 安曇野 美容室 Yamaki クマ太郎です。今回は脳の勉強をはじめて最も重要なことだと思っている、未来を確実に変える方法、肯定的なプラス発想「かも」の法則について書いてみます。これはマガモとかカルガモのような、ガンガモ科の鳥の話ではなく私たちの心に棲んでいる別の「かも」の話。

 

 

 

 

 

人間の脳の中に発生する否定的な「かも」を肯定的な「かも」に変えるという話です。すべての人たちがより良い未来に羽ばたいて欲しいという願いを込めて「かも」について書いてみます。今回使用する「かも」以外の写真は前回に引き続きアミーゴ皆川さんの写真を使わせていただきました。写真に興味のある方は下記フライチーム アミーゴで検索してみてください。

http://flyteam.jp/member/san-amigo

 

 

 

 

 

我々の脳は過去の延長線上に未来を作る仕組みになっているのだそうです。だから昨日までの自分も容易には変わりません。それを望むようなものに変える方法それがこの「かも」の法則です。「できるかも」「やれるかも」「うまくいくかも」「ツイてるかも」「幸せになれるかも」この「かも」を使っていけば、どんどんよい方向へ変わっていきます。

 

 

 

 

 

よく人は「成功したい。でもできないかも」「夢をかなえたい。でもかなわないかも」「もっと儲けたい。でもこの不況では無理かも」「彼氏とつきあいたい。でも嫌われるかも」などというように「・・・・・かも」という否定的な「かも」を使います。

 

 

 

 

 

私たちの脳は「したい」という願望の方でなく、この「かも」の方を実現してしまう仕組みになっているそうです。だからこの「否定的なかも」が私たちを望まない願わない人生へ追いやるのです。人間の脳は現実とイメージを明確に区別できません。だから「否定的なかも」というイメージも記憶として脳に蓄積されます。だからすぐに諦めてしまいます。

 

 

 

 

 

人は失敗したから諦めるのでなく「かも」の形で失敗を予感するから諦めるのです。マイナス思考、ネガティブシンキングが諸悪の根源ではなく思考以前に脳に舞い降りてくる「かも」が人生の鍵を握っています。これを克服する方法が「否定的なかも」を「肯定的なかも」に置き換える、それだけで間違いなく未来が変わってくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

「かもの法則」を上手に使えば自分の心をコントロールすることが可能です。人は病気や貧困に苦しむのではなく自分の心が思いのままにならないことに苦しむのです。誰の脳内にも現れる「できないかも」「ダメかも」「うまくいかないかも」と望ましくない未来を運んでくる「かも」を「できるかも」「チャンスかも」「うまくいくかも」という望ましい「かも」に変換するだけでいいのです。

 

 

 

 

 

脳内の「かも」はたとえ「嘘のかも」であっても、それを脳に一度発生させれば次々と本物の「かも」が飛んでくる仕組みになっているそうです。危機的な状況に置かれても誰かを責めるのでなく「これは私を強くするチャンス神様からのプレゼントかも」と肯定的に捉えると感情脳が「不快」から「快」へ切り替わります。

 

 

 

 

 

 

 

眠っている間に否定的な記憶が脳に固定化されないように寝る前に「記憶の塗り替え」を行うことが大切です。今日も一日ありがとうございました等と感謝の言葉を口にするのもよいでしょう。私は毎朝 目覚めたときに「今日も絶好調、上機嫌、俺はツイてる」と言うようにしています。根拠なんてなくても大丈夫、言葉にすることで感情脳が「快」の状態になります。

 

 

 

 

 

まだまだ書きたいことがいっぱいあって、長くなりそうなのですが、先日このブログを読んでくれている友人から助言があって、クマ太郎さんのブログは、長くて最後まで読むには根性がいるよ。と言われたので今日はこの位にして次回また続きを書きます。それと‘固い’と言われました。こちらはどうにもなりませぬ。(^O^)

 

 

 

 

 

この「かもの法則」を実行すれば、必ず未来はバラ色に輝いてきます。次回もお楽しみに!この脳の研究に興味のある方は、日本の脳力開発の第一人者、西田文郎氏の「ツキの最強法則」「No1理論」の書籍をお薦めします。より深く「脳」のことが学べます。

 

 

 

 

 

今回も長くて固いブログ(^◇^)最後までお読みくださりありがとうございます。そして写真を提供いただいたアミーゴ皆川さんに感謝です。それでは また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です