顔の特徴に合うヘアカラーってあるの?

安曇野にある美容室YAMAKIです!

こんばんわ!徳竹です( 〃▽〃)

今回のblogはヘアカラーについて書かせいただきます(^-^)ゝ゛

顔の特徴とヘアカラーの関係性

イメチェン目的や流行りの色味であるというだけでヘアカラーを選んで、どこか似合っていなくてがっかりされたという経験はありませんか?

じつは、ヘアカラーが似合うかどうかは、その人の顔の特徴が大きく関係しています。

たとえば、童顔で顔がのっぺりしている人の場合、黒髪にすると幼いイメージが強調されてしまうため、「市松人形」のように見えてしまうことがあります。

同様に、典型的な日本人顔の人や瞳の色が黒の人が「茶髪」にするのも、アンバランスな印象となりがちなので、ぎこちなさを感じる原因になるとか・・・

つまり、顔の特徴とヘアカラーの関係は、切っても切れないものだと言えるのです。

今回は、あなたに合った正しいヘアカラーの見つけ方と、どうすれば理想的なヘアカラーを実現できるかについて、詳しく見ていきましょう。

顔の特徴に合うヘアカラーの見つけ方

目鼻立ちがはっきりしているクールビューティー系、キューティクルが整った美しい髪質の色白さんは、断然、黒髪が似合います。

反対に、瞳の色が茶色の方や日頃からばっちりメイクを心がけている方は、黒髪より茶髪の方がしっくりくるものです。

もしも、自分が特別こういった髪色にしたいという希望がないのであれば、パーソナルカラー診断によってヘアカラーを決めるとミスマッチがありません。

パーソナルカラー診断とは、顔の特徴から自分に一番似合う色を診断するテストのことです。

診断では、似合う色のタイプをスプリング・サマー・オータム・ウィンターの4種類で分類してくれます。

黒髪が似合うのはウィンタータイプに該当する人です。

さらに、診断によれば、茶髪が似合うのはスプリングタイプ、サマータイプはグレー系やアッシュ系が、オータムタイプはイエロー系やグリーン系、ほかにも金髪やオレンジ系のヘアカラーがマッチするとの結果となります。

「パーソナルカラー診断」を利用して、あなたに似合う最適なヘアカラーを探してみるのもいいでしょう。

おすすめの「顔の特徴×ヘアカラー」

顔のパーツが大きい人、あるいは逆に小さすぎる人は、黒髪が似合う傾向があります。

一方、童顔や肌の色が褐色系の人は、黒髪より茶髪の方がナチュラルな雰囲気を演出することが可能です。

髪が傷んでいたり、活発なイメージの強い人も、どちらかと言えば茶髪向きだと言えます。

ほかにも、普段の服装が地味な人が茶髪にすることによって、明るい印象を与えることが期待でき、おすすめです。

とはいえ、これらは一般的に言われているだけであり、全ての人にそっくりそのまま当てはまるものではありません。

黒髪タイプの人が茶髪にしたければ、それに合うように、少しナチュラルメイクでやわらかさを出してあげれば良いのです。

同様に、茶髪タイプの人も髪の保護を行い、ファンデーションのトーンを少し明るくするだけで、黒髪に自信を持つことができるようになるはずです。

最終的には、どんなヘアカラーにしても違和感がないよう、日々顔の特徴の自己プロデュースを心がけるということが、あなたらしさを最大限表現するヘアカラーを見つけることにつながると言えます。

ヘアカラー選びによって、魅力的な髪色を存分に楽しんじゃいましょう。

担当のスタイリストにご相談下さい!

あなたに似合うカラーをご提案させて頂きます((o( ̄ー ̄)o))

コメントは受け付けていません。