安曇野市の美容室・美容院|ヤマキ

泡立てる理由

2021年9月22日

安曇野にある美容室ヤマキです

こんにちは篠田です´ω)ノ

突然ですが皆さん、シャンプー、どうやって使ってますか?原液をそのまま頭につけたり、髪で泡立てたりしてませんか?実は知らないシャンプー泡立てる理由を知っておきましょう!

泡立ての理由の前に、絶対にやってはいけないことを紹介します。

シャンプーの原液を手にとって、そのまま髪の毛にのせているという人はいませんか?要注意です!頭皮のトラブルが起こる可能性があります!シャンプーは水を加えて泡立てたときにちょうどよい洗浄力になるように作られています。つまり、水を加える前のシャンプーは濃度の濃い原液なので、頭皮に強い刺激を与えてしまうんです(>_<)

シャンプーを泡立てる理由

①頭皮や髪が、直接こすれて傷むのを防ぐため。泡があることによってクッションの役目を果たし、滑りが良くなって、摩擦の傷みから守ってくれます。

②泡にすることで、少量でも広い範囲に行き渡ります。泡にすることで、表面積が増え、シャンプーの延びが良くなります。泡にせずにシャンプーの量を増やすと、皮脂を落としすぎて、乾燥を招く可能性があります。

③泡の硬さで、洗浄力を調節できる。泡が立たないと、シャンプーが薄すぎて、汚れが落ちない。泡が硬くなると、シャンプーが濃すぎて、洗いづらいし、洗浄力が強すぎる。

でも、うっかりやってしまいそうなのが「髪で泡立てる」こと。しっかり手で泡立ててから頭皮に乗せるようにしましょう。

泡立て方

①まず、シャンプーを手にとる前に、手を石けんやボディーソープで洗います。手が汚れていると、シャンプーの泡立ちが悪くなってしまうんです!

②シャンプーを手に取ります。使う量は、ロングヘアなら500円玉1個分、セミロング・ショートならその半分で十分です(^o^)

③手にシャンプーを乗せて、水を少し足して手の力を抜いた状態(少し指が曲がってるくらい)でこすると、空気が入って良く泡立ちます。手で泡立てるのが難しい場合は、洗顔用の泡立てネットを使ってみてください!

しっかりと泡立てたシャンプーで洗った髪や頭皮は、すすぎのときにシャンプーも流れやすくシャンプーのすすぎ残しもなくなり、髪が乾いた後のさっぱり感も変わってきます!皆さんもシャンプーのやり方、ぜひ見直してみて下さい(・ω・´)!

2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

休日

オーナー:山木美智子休日

最新ニュース
最新トピックス
最新チラシ