安曇野市の美容室・美容院|ヤマキ

育毛の方法〈薄毛・抜け毛の改善法〉

2021年8月3日
薄毛・抜け毛の改善法
育毛の方法 その1

体内の女性ホルモン量を相対的に増やす

§ 牛乳を飲む
牛乳の中に多量の女性ホルモンが含まれていることは日本では伏せられている傾向があって知らない人が多い。これらの性ホルモン類はステロイド系の化合物であって、容易に細胞膜を透過してDNAに働きかける。頭髪にとっては男性ホルモンの量的なバランスが重要であることが多く、女性ホルモンが増えれば相対的に男性ホルモンが減ったことになる。

§ 大豆製品を食べる
大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン(エストロジエン)様の作用をする。したがって、上記の牛乳と同じ効果が出る。なお、後述のトウガラシを一緒に摂取するのが効果的であるとのデータが出ている。
育毛の方法 その2

頭皮の血行を良くする

トウガラシ中の辛味成分であるカプサイシンがよく効くといわれる。カプサイシンは七味などの調味料から摂ればよい。他には、市販の育毛剤を頭皮に振りかける、頭皮をマッサージするなどが一般的である。なお、アルコール類は育毛にとって害になるので、飲みすぎないこと。その他 血行を悪くするものは、タバコ、ストレス、睡眠不足、運動不足などである。
育毛の方法 その3

毛母細胞の栄養を改善する

たいていの人に不足している栄養素は、ミネラルではマグネシウムと亜鉛である。これらは全身の細胞においてエネルギーを作り出し、それを利用するために欠かせないミネラルである。そして多くの人で不足しがちなビタミンは、ビタミンB1とビタミンB2である。これらも全身の細胞においてエネルギーを作り出すために必須のビタミンである。また、ナイアシンはエネルギーを作り出す時に必須のB群の一つであり、血行を改善するためにも有効である。その他、年齢とともに不足してくる物質はタウリンである。これらの栄養素を、サプリメントで摂取することである。食物からでは満足する量は得られない。
育毛の方法 その4

頭皮を健康に保つ

皮脂や皮脂の酸化物や細菌類が育毛の妨げになるとされており、頭皮は毎  日洗い清潔に保つことが大切である。また、全身の健康を保つことも重要であり、肥満や痩せ過ぎや病気は髪の毛にとっても大敵である。髪の毛を失う原因は単純ではなく、多くの原因が絡み合い人によって、あるいは個人でも時期によってその原因が異なっていることもある。総合的にいろいろ注意を払うことが大切である。
育毛の方法 その5

内服薬と外用薬(育毛剤など)

脱毛症の中でも、とりわけ「AGA」と呼ばれる男性型脱毛症や女性型脱毛症があるが、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の作用によって「ジヒロスステロン」」なる物質に変換されることで発症をもたらす。抗男性ホルモン薬、内服薬としてフィナステリドとデュタステリドの2種、そして外用(塗り薬として使用)はミノキシジルの計3種が「行うよう強く勧める」とされておりミノキシジル配合の育毛剤は効果があると言われています。また薄毛や抜け毛は生活習慣やストレスに大きな原因があるといわれていますが、最も大きなものは「遺伝子多型」つまり遺伝子の個性タイプによって引き起こされるものが多いとされています。

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

休日

オーナー:山木美智子休日

最新ニュース
最新トピックス
最新チラシ