安曇野市の美容室・美容院|ヤマキ

[ヘアカラー(オシャレ染め)と白髪染めの違い?]

2021年9月24日

信州 安曇野 美容室ヤマキ クマ太郎です。お店ではカラリングされているお客様から、よく「普通のヘアカラーと白髪染めってどう違うんですか?」と質問されるのだそうです。そこで今回はヘアカラー(オシャレ染めと白髪染めの違い)について説明します。

色が発色する段階は基本的にどちらも同じ

全然違うものと思われる方も多いみたいですが、実は普通のヘアカラーと白髪染めはどちらもヘアカラーの一種。主な成分や原理は一緒で髪を脱色してから色素を発色させて髪の色を変えていく基本的な経緯は同じです。

ではどういう違いがあるの?

大きく違うのは髪を脱色する度合いと、染め上げる染料のバランスが違います。

ヘアカラー(オシャレ染め)の特徴

綺麗な透明感のある仕上がりにするため、脱色力が高く染料は薄いです。染料が薄いので白髪には染まっていきにくいのが特徴です。白髪染めよりも色落ちしやすい傾向にあります。また脱色力があるので色落ちした際に明るくなりやすい。

白髪染めの特徴

オシャレ染めカラーに比べて染料が多く含まれ濃くしっかり染まります。希望の仕上がりを明るくしたいか暗くしたいかによって脱色の強さを変えていきます。染まりやすい黒髪も染まりにくい白髪も綺麗に染める事ができ均一の仕上がりにします。

ただし白髪の量や髪質によっては明るい色だと白髪が染まりきらない時がありますのでプロの技の見せ所です。染料が多いのでオシャレ染のような透明感は出しにくく、ナチュラルで自然な仕上がりになります。オシャレ染めに比べて色持ちが良いのも特徴です。

どれくらいから白髪染めになるの?

これは白髪の量と希望の仕上がりによります。白髪が数本であればオシャレ染めで明るい仕上がりにしていくことで、ぼかして馴染ませてしまう方法もあります。また白髪がどこか集中的に多い生え方の場合は、その場所に白髪染めを施し他はオシャレ染めで透明感のある仕上がりにできる施術もあります。

白髪が気になってきたら白髪染めというのはありますけど施術のやり方次第で素敵な色に仕上げる事が可能です。コロナ禍で外出する機会も減ったし髪の長さは変えたくないけど雰囲気を変えたい気分転換したい、そんな時に簡単にできるのが髪の色を変えることです。ウイービング(ハイライト)を使った「思わず笑顔になるような心躍るヘアカラー」も提案しています。

また最近では白髪を活かしたスタイルというのもトレンドです。白髪だっていくらでもオシャレを楽しむことができるんです。素敵なカラーを楽しんでいきましょう!

美しいヘアカラーを保つためのヘアケアも忘れないでくださいね。次回は美容室Yamakiがオススメのヘアカラーメニューや他店には余りない、ヤマキ独自の こだわりのカラー技術のいくつかをご紹介させていただきます。それでは今週も皆様に 「嬉しい事 楽しい事 幸せな事」がたくさん起こりますように!

2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

休日

オーナー:山木美智子休日

最新ニュース
最新トピックス
最新チラシ